Library
RPAお役立ち情報「RPAでブラウザ操作を自動化!開発・業務の進め方・おすすめ製品のご紹介」

RPAでブラウザ操作を自動化!開発・業務の進め方・おすすめ製品のご紹介

RPAは、Robotic Process Automationのことを指し、RPAツールはPC操作の自動化を実現することができるアプリケーションソフトウェアです。

RPAツールはブラウザ操作も得意な作業で、膨大なWebサイト上のデータを抽出・整形するWebスクレイピング・データを見つけ出すWebクローリングも強みにしています。

ところで、ブラウザ操作をさらに応用するとしたら、どのような業務の自動化が可能になるのでしょうか。

またWebスクレイピング・クローリングなどのブラウザ操作に適したおすすめのRPAツールはどれでしょうか。

この記事ではこれらのトピックを中心に解説し、さらにブラウザ操作の自動化にオススメのMICHIRU RPAをご紹介します。

株式会社MICHIRU 取締役 CTO

この記事の監修担当者:
斎藤暁

医療施設法人やホンダ子会社のIT領域責任者などを経て独立。AI技術やシミュレータなど、複雑なアルゴリズムを駆使したシステムを提供している。自然言語処理によるシステムの技術は日米で特許を取得、その発明者でもある。2018年11月株式会社MICHIRUを創業。

RPAでできるブラウザ操作とは?

ブラウザ操作は得意技

RPAツールによると、データの取得・照合、Webスクレイピングなど、Web上のデータを自動で最大限活用できます。

対象となるWeb上のデータは膨大で、その中から必要なデータを業務に活用できるので、データ取得の手間暇が大いに省けます。

典型的には広告・マーケティング調査などマーケ業務に役に立ちます。出典の探索をブラウザ操作で自動で行う、などといった検索の自動化ないし、クローリング業務も可能です。

ブラウザを他のソリューションと組み合わせて自動で操作することももちろん可能です。

Webスクレイピングしたデータの入力を他のソリューションに自動で行い、出力データをさらにRPAで整理、などということもシナリオ次第で可能です。

ただし、クラウド型RPAツールでは、システム連携や、シナリオにオブジェクトコードを使えないものが多いことは念頭においておきましょう。

実はどのRPAツール製品でもブラウザ操作が可能

RPAツールは、PC上の動き・操作を自動化するツールです。そのため、基本的にはRPAツールがブラウザと連携できる限りは、ブラウザ操作が可能なのです。

例えば、「ブラウザでRPAツールを使うだけなので、できるだけシンプルなほうが良いということであれば、クラウド型ツールを使うことも検討してよいでしょう。

実際の製品例として次のような製品があります。

autoブラウザ名人

こちらは、クラウド型RPAツール・ブラウザ操作特化型RPAツールのの代表格として知られています。ドラッグアンドドロップでシナリオ開発が可能です。

KeyWalkerWebクローラー

こちらは、機能を絞って特化させている製品です。

これらのクラウド型のツールは、Web上動くのを基本にしていますから、ブラウザ操作は問題なく行うことができます。

ただし、他のデスクトップ型製品ももちろんWebブラウザと連携できるので、

  • WinActor
  • UiPath
  • BizRobo!

などの代表的な製品もブラウザ操作が可能ですし、クラウド型よりむしろ細かくロボットに指示して自動でブラウザ操作を行うことができます。

後程ご紹介する、わかりやすくて中小企業の予算にもフィット感の高い

MICHIRU RPA

もまたブラウザ操作を得意にしています。

また、RPAがPCの操作を自動化するものであるため、フリーソフトでもブラウザ操作およびその自動化は可能です。

ただし、フリーソフトの利用条件は企業で利用するためには非常に厳しすぎることは別途注意しておく必要があります。

ブラウザ操作を中心にRPAツール選びを考えるなら?

RPAツールの選択のポイントとしてみるべきはブラウザ操作の可否よりも、「使いたいブラウザ」「RPAツールの対応ブラウザ」の2点です。これらがクリアであれば問題なく使用できるでしょう。

しかし、少し応用をしてみたい・できるだけ自由にブラウザ操作をしたい・細かい設定を含めてシナリオ・ワークフローを開発したい、という場合には、ツール選びも一つ注意点があります。

こうした場合、クリック・ドラッグアンドドロップでシナリオ開発する多くのクラウド製品と比較し、プログラミング言語を使い、オブジェクトコードで設定できるRPAツールを利用したほうが意図した自動化を実行しやすくなります。

日本販売されている主要製品では、オブジェクトコードが使えますが、クラウド型の場合は対応していない場合もあります。

Webでのログインだけで、RPAツールをサービスとして利用できる点はクラウド型RPAツールの強みですが、自由度・細かい設定によりブラウザ操作をすると難しい場面があります。

先ほど挙げた著名製品はもとより、低予算でも、また、サポート人員の少ない中小企業で導入しやすい、MICHIRU RPAもシナリオ・ワークフロー開発の自由度が高い製品です。

RPAで進めるブラウザ操作自動化の方法

ブラウザの操作を自動化するのは各製品で操作に違いがあるものの、おおむね共通する手順・設定は次の通りです。

各製品共通の手順と設定

まず対象となるWebサイトのURLを決める必要があります。

URLを入力することで設定が完了します。

スクロール操作

スクロール操作を個別に行うことも可能です。例えば画像のマッチングを行うときには、こうした操作が使えると便利です。

マッチしたら成功・マッチしなかったら失敗、といったサンプルシナリオがあるので、各ツールに読み込ませて行うと最も簡単でしょう。

値・データの取得

URLの指定・値の入力・操作、と大まかに3段階に分かれた操作をシナリオで設定します。

URLと値を入力、マッチすると成功、書き出しの指示、といったシンプルなシナリオで完了です。

auto名人をはじめとするクラウド型RPAツールもこのあたりまでは楽にブラウザ操作の自動化を行うことができます。

値・データの操作

値の取得の過程に、マクロなどの関数をさらに組み合わせるとこうした操作が可能になります。

ただし、関数の複雑さから、クラウド型だとここまでの自動でのブラウザ操作が厳しいこともあります。

ドラッグアンドドロップしかシナリオ開発の方法のオプションがない場合も多いためです。

データの操作では、具体的な利用法としてはフォームの書き込みなどがありますが、

これらはスクリプト言語をシナリオに織り込んだ方が正確な記入位置を認識しやすいでしょう。

解析・その他の業務も楽に

RPAツールで基本的にはブラウザにおけるアクションはなんでも自動でできるので、業務の自動化への活用は工夫次第で無限に広がります。

  • Webスクレイピング
  • Webクローリング
  • 画像・イメージのチェック・取得など

すべてのアプリで実現できるものではありませんが、例えばGoogle ドキュメントなどのWebアプリの入力・出力情報の収集も可能です。

ツールによりできる業務が若干違いますが、シナリオ開発で工夫をすると、さらに自由自在にデータ取得業務を行うことができます。解析のためのスクリプト・BIツールとの連携など、利用法は多彩です。

ただし、クラウド型RPAでは、スクリプト言語が使えないことが多く、ブラウザ操作でも若干出来る作業の幅は広がりにくい面があることには注意が必要です。

シンプルで、使いやすさに特徴のあるデスクトップ型の製品で、フローの開発が自由にできるようにすることは可能ですので、例えばMICHIRUを選んでブラウザ操作の自動化を進めるとこれらの制約についての問題はありません。

ここは注意!ブラウザ操作とWebスクレイピングなどの行為

但し、ブラウザ操作で気になるのは、解析行為の禁止や、APIでのデータ連携を義務付けるWebサイトがあることです。

これらサイトの利用規約は従っておき、訴訟のリスクを避けておきましょう。著作権の侵害となるような、無断での著作物の利用にも注意が必要です。

MICHIRUならさらにカンタン・ココが違う

カンタン・わかりやすいのがMICHIRU

開発者による本格サポートと、ハンズオン方式のトレーニングでプロジェクトメンバーのスキルが上げられるので、導入・業務自動化の推進も失敗なく楽々すすめることができます。

専用ブラウザで高度な自動化が可能

MICHIRU RPAには専用ブラウザMICHIRU browserが同梱されています。

MICHIRU browserはMICHIRU RPAのシナリオ作成・自動操作に特化して開発されており、XpathやCSSセレクタなどWebページの構造を使った自動操作を可能にします。

Webページの構造を利用することで高度な自動化が可能になり、大量のデータ取得や入力でもサクサクと操作することができます。

直感的操作はクラウド型RPAのやさしさ、細かい設定は本格派

画面は直感的な操作に向いているシンプルな画面で、工程もプロジェクトメンバーでシェアしやすいものです。

各社の導入事例からも定評のあるユーザーフレンドリーなUIを持っていますが、ブラウザー操作の設定はスクリプト言語を使ったオブジェクトコードによることができます。

これで、自由自在に細かい指示までデジタルレーバーに行い、自動で作業を行うことができます。

指示をしっかりしたあとは自動でデジタルレーバーがブラウザ操作・作業をし、業務時間を大幅短縮できることは言うまでもありません。

価格もUIもユーザーフレンドリー

本格派・ユーザーフレンドリーと2つの価値を同時に実現し、価格も月5万円(初期費用は10万円)と、低予算で運用ができるMICHIRUをブラウザ操作に活用することはこれからの賢い選択となるでしょう。

まとめ

以上、ブラウザ操作については、RPAが基本的に得意にしている作業ですが、フォームへの入力や、解析・複雑なスクレイピングなどには、スクリプト言語をシナリオ・ワークフロー開発に使えるものである必要があります。

予算の面で制約が出がちな、中小企業でのブラウザ操作を業務で利用する場合も、MICHIRU RPAのように、低予算でも本格派のRPAツールを利用すると、業務に自由自在に利用することができます。

Webの利用規約や著作権に注意しつつ、正しいツールを選んで、ブラウザ操作の自動化・業務への利用を進めましょう。