Library
RPAお役立ち情報「おすすめのRPA」

RPA12選・最初の1本におすすめツールとは?自動化に最適な製品の選び方

RPAツールを選ぶときは、つい高い、という先入観があります。高いソフトウェアを購入・導入する場合には、「失敗できない」と思ってしまう傾向もあります。

しかし、RPAツールの選び方にもおすすめの選び方があります。この選び方によると、初めてのRPA導入にも、萎縮したりしなくなると思います。

株式会社MICHIRU 取締役

この記事の監修担当者:
相馬章人

2014年に医療・ヘルスケアITベンチャー企業に入社。人工知能やIoT技術を使用したプロダクト開発およびプロジェクトマネジメントを経験。2018年フリーランスのソフトウェアエンジニアとして企業・大学と連携し機械学習を用いた自然言語解析を行うプロジェクトに参画。2018年より株式会社MICHIRUに参画。主にカスタマーサクセスを担当。

「はじめての1本」選びはこう考えてみよう

まず、値段・コストだけでは選ばないことが重要です。低価格化も進んでいますし、専用の機器やサーバを必要としないRPAツールもあり、運用・保守の人員や負担を考えなくてもよいのです。

次に、RPAは「むずかしいもの」とは思わないことがおすすめです。

かつてのRPAツールと、現在のRPAツールでは大きく異なり、よりユーザーフレンドリーな製品も多くあります。

また、サポートは日本語で対応されていたり、導入サポートがある製品も多くなっています。

重要なのは、導入したRPAツールの用途や対象とする作業を考えることです。トライアルも大抵の製品にありますので、導入前に使ってみて決めることもできます。

最初の1本をどう選ぶ?選び方のポイント

最初の1本を選ぶのには、以下の手順がおすすめです。

まずどの業務に導入するのかを検討しよう

RPAツールを導入する手順として、対象業務の絞り込みを最初に行うべきです。

対象業務は照合か・データの収集業務なのか、あるいは文書の作成業務なのか、さらに業務の手順を見えるようにして検討してみましょう。

具体的におこなう業務・作業を考えると、選ぶべきRPAツールの種類はおおむね決まってくるでしょう。

「クラウドで完結する」あるいは「この業務はクラウドじゃ無理」と見分けがつけば、RPAツールの種類も絞られます。

というのも、一般的に、デスクトップ型のRPAではPC上の操作が全て行えますが、クラウド型ではWebでできる操作しかできない、となっているからです。

今では、クラウド型ツールでPC上のアプリケーションソフトウェア上のデータに対応するクラウドRPAもありますが、PC上のデータを扱うのが主であれば、デスクトップ型を選んでおくことが無難です。

また、基幹システムと連携させたい、などの「連携機能」を重視するなら、クラウドでは追いつかないケースも多いのです。

これに対して、Web上のデータを扱う業務がしたい、Googleドライブ上のデータを扱いたいなどといった場合には、メンテナンスフリーの簡単さ、管理の手間、UIの扱いやすさなどから、圧倒的にクラウドが有利になる可能性があるのです。

RPAの導入後、だれがサポートしてくれるかも考えよう

次に、導入・運用の人員・体制を考えてみましょう。導入・運用業務に、自社のITの人員がいる・いないということで「できるだけクラウドにしたい」「デスクトップでもインストールが簡単で、非エンジニアでも使いやすいのが良い」と、対象がさらに絞られてきます。

さらに考えておくとよいのが、「多くのロボットに大量の作業をさせることを予定しているか」という問題です。

大量の作業を自動化することで効率はもっとも良いですが、サーバ型RPAが必要になる場合があり、管理のコストも発生します。

最初は、デスクトップで初めて、大きくなったらサーバで一気に処理したい、ということを考えるのなら、サーバ型の同じ製品がある、普及した製品を選ぶのが無難と言えるでしょう。

導入しやすさ、作業しやすさにこだわって選ぶのも正解の一つ

すでに説明した手順で考えておくことは重要ですが、複数のRPAを用途に合わせて使うなら、突き詰めて選ぶことがなくてもどちらかで作業・業務がこなせれば問題はないでしょう。

さらに今は、導入サポート付きの製品もあり、早く業務効率化の結果を出したいという場合は、こうした製品で簡単なワークフローを業務に適用してみるなどしてみましょう。

こうして早く成功体験を作っておくのも、そのあとの業務改善につなげられやすいという大きなメリットがあります。

トライアルで納得がいくまで触ってみて、操作して最終的に選んでみましょう。

RPAツールの導入の実際

購入~導入については、次のような実務的な理解も役に立ちます。

デスクトップ型ではじめて、サーバで運用を大きくするのが標準的

まずは、小さくテスト的に業務の自動化のためにRPAツールを運用する。その後、実運用・PoCを繰り返しながら運用を大きくしていくというのがよくあるパターンです。

大量の業務を自動化し、大規模運用をするのだと、どこかでサーバ型に切り替えるということになりますが、デスクトップ~サーバ型まで同じシリーズを使い続けるやり方が、日本の大手企業ではよくある使いかたでした。

サーバー型・クラウド型併用も増えているのが実情

ところが、大規模運用には、小回りの利かないデメリットが目立ち、アイディアを活かした業務の効率化・改善がうまく行かなくなってしまうこともあります。

そんな時に、手軽に使えるクラウド型のRPAを使うことや、あるいは違う形のデスクトップ型RPAを1~2本導入し、用途で使い分ける、といったことは合理的な導入の方法です。

最初の導入時の1本を選ぶ場合、併用はかなり先の話になるのが普通でしょう。しかし、業務の自動化導入だけでなく、大規模運用・小規模運用、管理をどうするかもアウトライン程度に考えておくこともおすすめです。

おすすめ11選

上記にご紹介した、RPAの選び方を前提として、デスクトップ型・クラウド型を中心にはじめての1本としておすすめの機種をご紹介します。

デスクトップ型・おすすめRPAツール

デスクトップ型で、大規模運用も可能性がある、という場合におすすめなのが以下のツールです。

  • UiPath
  • WinActor
  • Automation Anywhere
  • BizRobo
  • BluePrism

これらのツールは、シェアからして、世界3大ツール+国内2大ツールからなり、時々5大ツールと言われることがあります。

品質には定評があるので、どれを選んでも問題はありません。業務の中でも何をしたいかを決めて、使いやすいものを選びましょう。

特色のあるデスクトップ型RPAで、オススメはさらに3つあります。いずれも国産のソフトウェアです。

Asteria Warp

こちらも、サーバ型の大型運用が可能でありながら、月3万円から利用が可能、基本的な機能が搭載されています。この製品の特長は、ドラッグアンドドロップで簡単にロボットのシナリオが作成可能、また、管理のサポート機能も便利です。

SynchRoid

ソフトバンク株式会社が開発したRPAでAI・Pepperと連携が可能なRPAツールです。

情報の発信・接客などの必要がある場合には、SyncRoyd+Pepperのソリューションを提供することが可能です。業種は選びますが、用途さえ合えば好評なデスクトップ型RPAツールの一つです。

こちらもサーバ型に切り替えて運用することが可能ですので、コールセンターの運営などにも使いやすいRPAツールです。

PINOKIO

デスクトップ型で、サポートが無償、OCR・レコーディング機能もついているお得感が高いPNOKIOは、中小企業ユーザーの多いRPAツールです。

クラウド型・おすすめRPAツール

クラウド型RPAツールのメリットは、一般的に次の3点に集約されます。

  • メンテナンスフリー
  • 価格もお安め
  • UIがユーザーフレンドリー

例えば、ドラッグドロップでシナリオができる製品もあります。

以前は「Webでしか使えない」「ブラウザ上でないと作業できない」が普通だったものが、今はアプリでもWebでも対応しているクラウドが出てきています。

そんなクラウド型RPAツールのおすすめ製品は次の通りです。それぞれに特徴があります。

BizteX cobit

ドラッグアンドドロップで、シナリオ作成ができて、非エンジニア・現場担当者でも使いこなせるのがウリのクラウドRPAツールです。

利用アカウントの発行数、作成できるロボットの台数はともに無制限、クラウド型RPAとして作業量で価格が変わるユニークな価格設定を行っています。

Robotic Crowd

ロボティッククラウドも、非エンジニアが業務を自由に自動化できることに重点を置いています。

しかし、YAMLでコードを書くことによるワークフローの設定でより細かくロボットを動かすことができるようになり、エンジニアにも使い勝手のよい管ウドRPAです。

keywalker

データクロールに特化したクラウド型RPAです。

なんと、数千万・数億ページからデータをクローリングで取ることが可能です。ブラウザを自動操作する言語で、動くサイトからもデータを抽出できます。

BIツールTableauとも連携し、分析・見える化も簡単な操作で行えます。

用途がデータクロール・マーケティング目的に限られてしまいますが、使いこなすと、どんなデータでも取ってきて分析したくなる、と評判です。

UiPath

実は、UiPath にも、クラウド型バージョンがあります。

API連携で、広くアプリケーションソフトウェアにも対応できるクラウド型RPAルールです。機能には定評があること、UiPathアカデミーや、ベンダー資格などを社内教育でも利用したい、そして導入はクラウドで行いたい、という場合には適切な選択肢です。

フリーソフト・OSSはおすすめしません

フリーソフト、OSS(オープンソースソフトウェア)で特に無償のものは、結論から言いますと、おすすめしません。

いくつか理由がありますが、

  • 用途か機能が制限されていて普通の会社ではあまり使えない
  • 利用規約に、用途の制限などが細かく規定されている。
  • 特にOSSなどは条件が細かく設定されていて要注意。うっかり会社の業務につかうと訴訟のリスクがあることも

トライアルで使う・OSSを積極的に利用するのが会社の方針、といった場合は、会社の契約担当に安全を確かめてもらう、などとしたほうがよいでしょう。

有料ソフトウェアのトライアルを期限の限定付きではありますが使っておいたほうが安心です。

中小企業のはじめてのRPAならMICHIRUが最適

中小企業でのRPA導入も増えています。MICHIRUは、中小企業にファンの多いデスクトップ型RPAツールです。

PCで行える操作を全て自動化できるデスクトップ型でありながら、初期費用10万円月々の費用は5万円におさえられていて、1ライセンスを複数台のPCで利用できるフローティングライセンスや独自ブラウザを使用したWeb作業の自動化などの特色があります。

UIもクラウド並みにユーザーフレンドリーなMICHIRUは特におすすめです。
ぜひご検討ください。

まとめ

RPAには選び方がありますが、現在やりたいこと、導入業務の絞り込みに加え、デスクトップか、クラウドか、自社の実情にあわせて決定していくとよいでしょう。

また、エンジニア人員が不足している会社が多い中、クラウドでサポート人員をカバーすることや、非エンジニアがシナリオ作成・ワークフロー作成操作ができるようなわかりやすいUIのものを選んでおくと、サポートがすべてエンジニアのところでパンクするような失敗は避けることができます。

ぜひこの記事を参考に、はじめてのRPAをご検討ください。