Library
RPAお役立ち情報「RPA関連用語の意味とその違いを解説します」

RPA関連用語の意味とその違いを解説します

RPAお役立ち情報「RPA関連用語の意味とその違いを解説します」

RPA=Robotic Process Automationは、ロボティックス技術を用いて、オフィスの仕事を自動化する「オフィスのロボット」です。

RPAは、働き方改革を背景に、労働時間の削減・業務の効率化、ひいて生産性の向上の効果を狙い、大手企業を多くの企業で導入が進められました。中小企業でも導入の動きが加速しています。

ただ、RPAツールを実際に業務内で使っている方や、RPAや業務の自動化に関する用語の意味が分かる方はまだ少ないのが実情です。

意味がきちんと分かるようになるほど、体系的にRPAを勉強する機会もなかなかない、と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、RPAツールとその関連用語について、意味の違いや、比較など、基本的な用語に焦点を当てて、ガイダンスをまとめました。

略語も多く意味がわかりにくい、用語の意味を覚えるだけでも四苦八苦、と思う方にも、RPAに関する正しい知識を基礎から学ぶ一助になれば幸いです。

株式会社MICHIRU 取締役 CTO

この記事の監修担当者:
斎藤暁

医療施設法人やホンダ子会社のIT領域責任者などを経て独立。AI技術やシミュレータなど、複雑なアルゴリズムを駆使したシステムを提供している。自然言語処理によるシステムの技術は日米で特許を取得、その発明者でもある。2018年11月株式会社MICHIRUを創業。

RPAツールとは何か?

RPAツールとは何か?

RPA(Robotics Process Aautomation)ツールとは、オフィスのロボットのことです。

基本機能は、オフィスの作業の自動化を可能にすることです。RPAは、人間がワークフローを用意すると、その通りに何度も何度も同じ仕事を繰り返して行ってくれます。

そのため、ルーチンワークと言われるような業務の効率化に有効です。ITツールとして現在最も注目されています。

RPAツールを操作するのには、プログラミングの知識は必ずしも必要がありません。

高度なIT知識を持つ方だけが使えるというわけではなく、スクリプト言語より易しいシナリオ・ワークフローなどと呼ばれるRPAが読み取れる業務フローが書ければ問題なく使えます。

RPAの話題を頻繁に目にする理由とは?

最近導入や運用の成功事例が増えていて、効果を紹介することが多いためと見られます。

特に金融業界に見られるとおり、大量の反復される定型的事務など、RPAに適した業務にうまく使うことができれば、大幅な稼働時間の短縮と業務効率の向上が図れて、残業を減らし、残業代はコストカットが可能になります。

そして、業務時間の短縮による労働環境の改善が期待できるメリットがあります。

RDAとの用語の違いとは?

RDAとの用語の違いとは?

RPAとよく似た言葉に、RDAがあります。RDAはRobotic Desktop Automationの略です。つまりRDAは、PCにインストールして使うことに限定したRPAツール、という意味です。あとの機能や、意味はほぼ同じです。

デジタルレーバーのいる場所の違い

RDAの導入には、PCにソフトウェアをインストールし、基本的にスタンドアロン、あるいは数台のみをネットワークでつないで使います。

これに対して、RPAは、サーバ・PC・クラウド上、のいずれにもインストールします。ほかの機能、意味は双方とも同じです。

意味の違いをまとめると、RPAの一種がRDAであり、デジタルレーバーと呼ばれるロボットがいる場所・ソフトウェアの種類の違いということができます。

ロボットの意味は?ROBOTICSやFAとの違いは?

オフィスのロボットといわゆるロボットは、利用する業務の場面が違います。

FA=Factory Automationが同じロボット技術を使って、アームやコンベアなどのハードウェアを工場業務で動かすのに対し、オフィスのソフトウェアシステムで行う業務限定で機能します。

すなわち、FA=工場のロボット、RPAはオフィスの事務仕事のためのロボットであり、使われる業務・場面と、ハードウェアが動くのか、ソフトウェアがパソコン上で動くかの違いがあり、そのため意味が違っています。

ロボットが自動で繰り返し動くことをプログラミングし、これをコントロールする装置とソフトウェアがあること、これらの組み合わせにより自動で動くという本質においては、FAとRPAは同じです。

この本質に当たる技術ないしこうした技術に関する学問を「ロボティクス」と呼んでいます。ロボティクスもまたRPAとは違う概念です。

AIとRPAの意味の違いは?自動化の仕組みの比較

AIとRPAの意味の違いは?自動化の仕組みの比較

AIとRPAも仕事を自動化し、人的な資源のみに依存しない業務体制をつくることができる点で似ていますが、両者の意味は違います。

AIは、最近では機械学習を指すことが多いです。

機械学習とは、AIが与えられた文字データ等のデータを数値化すること、正しい答えの値を知っておくこと、さらに正しい答えに至るプロセスと同じように、新しく入ってきたデータを演算処理をすることにより法則や傾向を見出し学習することができます。

その学習結果を使って推論やデータ生成を行います。

RPAはデータから学習することはなく、人間が設定した通りの操作を自動化、反復できる仕組みをもっています。つまり、反復する単純作業向きなのです。

単純作業と判断を伴う作業と二つがそろって、初めてロボットは人間に近くなる、ということもできますので、人間に代わり、あたかも意味を判断しているような高度な知能を持ち、動けるようにするために、AIとRPAの組み合わせソリューションを業務に活かす場面が増えています。

組み合わせは自動化を加速

例えば、AI-OCRとRPAの組み合わせ、AI機能を使ったチャットボットとRPA・BIとRPAの組み合わせなどがその典型例です。

特に、紙をオフィスからなくし、手書きや、印刷の紙データをデジタルデータに変換し、さらにデータ分析の対象とする一連の作業の流れには、AI‐OCR・RPA・BIツールの組み合わせは必須と考えられます。

データ活用にもRPA・AIによる自動化は必須

データ活用や、データドリブン経営が話題ですが、上記の流れは分析を経営に生かす前提条件をつくるのに必要ということです。データは大量なので、自動で処理するようにしないとスピーディな経営ができません。

ところで、RPAが高度な判断ができない・反復しかしない、ということは、判断を要する業務ではデメリットになってしまいますが、判断に強いAIと組み合わせると、それらのデメリットが小さくなり、自動化の効果は倍増するわけです。

まとめると、RPAとAIは同じ自動化ツールではあるが、依拠する技術・適用できる業務が異なるため意味が違う、ということになります。

そして、組み合わせで自動化・業務改善の効果が上がることもぜひ頭に置いておきましょう。

代表的なツールは?UiPath・WinActor・BizRobo!それぞれの違い

UiPath

国内で最も使われているRPAツールがUiPath、WinActor、BizRobo!です。

UiPathが米国のUiPath社のソフトウェアであるほかは、WinActorはNTTデータ、BizRobo!はRPAテクノロジーズと、それぞれ国内ITベンダーの製品です。

UiPathは世界シェアでもNo1とされています。

すべてPC上動作するRPAツールですが、価格帯・サポート体制・強い機能に少しずつ違いがあり、例えば、フローをレコーディングする機能に強いのがUiPath、大型運用を最初から想定しているのがBizRobo!、小さく運用を始めるにも向いていて、検定・公式トレーニングが充実しているのがWinActorなど、それぞれに特色があります。

導入成功事例や、活用事例もこの3つの製品に関するものが国内では多いですが、一方自社の課題に合わせて、外部にツール開発を委託したり、自社開発をする会社も増えています。

特に大型の運用を目指す会社には自社開発あるいは委託開発でRPAソリューションを構築するケースが多いようですが、国内ではNECや富士通などがこの分野の委託開発に強い会社として知られています。

ツールとアウトソーシング・BPOの意味やコストを比較すると?

RPA=Robotic Process Automation であり、自動で業務を進められることがポイントです。

これに対して、アウトソーシング・BPO(Business Process Outsourcing)は、その本質的な意味が業務委託であり、双方ともいわゆる「外注」です。

特にBPOは、コールセンター・ペイロールなどの会社全体の業務の一部を一括アウトソーシングすることを意味しています。

人の手に依存するか、そうでないかの違い

アウトソーシング・BPOは、人の手が頼りである点、大きくRPAと異なります。また、自動化の技術はアウトソーシング・BPOには必須のものではありません。

アウトソーサー=外注業者として、アウトソーシングないしBPOをサービスとして提供するために、自動化ツールを使うことは契約の範囲のことであれば可能です。

ところで、アウトソーシングないしBPOはその決定的なデメリットとして、人の手を使うこと、そしてその分人件費がかかることが挙げられます。

この点、RPAツールを使った自動化は、人の手に依存しない分、コスト・業務時間双方がカットできることになります。

RPAは教育研修が不要なところも差がつく

また、アウトソーシング・BPOのコストは、教育研修コストも含んでおり、中には個性的・技術的に高度であり、研修・人材育成、顧客側では外注費コストが大きな額になるサービスもあります。

この点、RPAツールは学習・育成のための時間は自動化業務を進めるうえで必要ではありません。そのため、RPAツールは業務に使おうと思えば、即日で使えることもコストをカットできる要因になります。

RPA人材の意味とは?エンジニアとの違いや人材不足について

RPA人材の意味とは?エンジニアとの違いや人材不足について

RPA人材とは何か、というと明確な定義や意味があるわけではありませんが、エンジニアとしてRPAのシナリオ開発ができる人・トラブルシューティングなどの運用ができる人はもちろんRPA人材です。

さらに、エンジニアではなくても、基本的なRPAの操作ができて、業務に応用できる人であれば、各部の「RPA人材」ということができるでしょう。

各ベンダー検定で、技術的には難易度が低いものの、ユーザーとしての高度な運用能力を試される試験がありますが、そうした試験に受かっている方も、RPA人材ということができるでしょう。

非エンジニアのユーザーの中のエキスパートともいえる人材は、今後、業務改善が必要な場面で需要増が見込まれます。

一方、トラブルシューティングのようなサポート業務や、あるいはRPAツールの開発をするエンジニアになると、それぞれ高度な技術的なスキルが必要ですし、エンジニア以外の方がそこまでのスキルを身に着けるのは難しくなってくるでしょう。

また、業務改善に取り組む際には、技術的に高度なスキルがRPAツールのユーザーとして必要になるわけではありません。

MICHIRU RPAは導入しやすいRPAツール、サポート体制も安心

国産のRPAツールであるMICHIRU RPAはRPAとAIを連携させて組み合わせによるメリットを引き出しています。

クイックでスムーズな自動化とわかりやすいUIはこの技術で可能になっています。

また、ユーザーフレンドリーで、プログラミングの知識がなくても操作が行いやすいRPAツールです。

ハンズオン形式で開かれるセミナーで一通りの操作を覚えると、対象業務に対応できて、すぐに使えるようになります。

そのため、社内のIT部門に大きな負担を掛けなくても、業務に活かすことができます。

さらに、親切なサポート体制で、社内のITリソースに人数の点で不安がある場合も安心して導入することができます。

初期費用は10万円、その後月々5万円~利用可能と、価格もリーズナブルです。

中小企業でも導入も行いやすいMICHIRU RPAで、RPAとAIの組み合わせの活用を検討してみましょう。業務改善効果を最大化する効果が狙えます。

まとめ

RPAの基礎を学ぶために、基礎用語や、RPAの仕組みを知っておくことは重要です。

体系的に学習するのがなかなか時間的に難しい方にむけて、

  • RPAとRDAのそれぞれの意味と違い
  • FAとRPAのそれぞれの意味と違い
  • RPAとAIそれぞれの意味と違い
  • アウトソーシング・BPO・RPAの意味と違い

などをまとめてお伝えしました。

とくに、仕組みが同じなのか、違うのか、コストの面などビジネス上の効果にどんな影響があるかの点は、文中でまとめてありますが、押さえておくと業務に役立つポイントです。