Library
RPAお役立ち情報「富士通のRPAとは?自治体向けAxeluteなど特色のあるソリューションあり!」

富士通のRPAとは?自治体向けAxeluteなど特色のあるソリューションあり!

富士通は、RPA市場では国内3位のベンダーです。

富士通は他の文書管理ソリューションや、AI-OCRソリューションにも強みを持っています。

RPAツールとこれらのソリューションとの組み合わせで、企業・公共機関の業務の自動化をワンストップで進めるサービスを提供しています。

受託開発に加えて、パッケージソフトウェアのいくつかの製品ラインナップを持ち、大手企業中心に販路を持っている他、自治体向けのソリューションを発売しているところに特色があります。

この記事では、自治体向けソリューションを中心に、富士通のRPAをご紹介します。

株式会社MICHIRU 取締役

この記事の監修担当者:
相馬章人

2014年に医療・ヘルスケアITベンチャー企業に入社。人工知能やIoT技術を使用したプロダクト開発およびプロジェクトマネジメントを経験。2018年フリーランスのソフトウェアエンジニアとして企業・大学と連携し機械学習を用いた自然言語解析を行うプロジェクトに参画。2018年より株式会社MICHIRUに参画。主にカスタマーサクセスを担当。

富士通のRPAは受託開発とパッケージソリューション

2018年にIDCが日本国内市場を対象にした調査では、富士通のRPAは市場シェア第三位、1位のNTTデータ、2位のUiPathに次ぐ地位を占めています。

富士通はRPAソリューションを受託開発する事業を行うと同時に、次のようなシリーズのRPAツールをパッケージソリューションとして提供しています。

Axelute

デスクトップ型・フローティング型・サーバ型の3運用形態を持つ富士通のRPAツール。自治体向けにも製品ラインナップを持っています。

Genest

GUIの自動化に特色のあるRPAツールで、発売元は富士通コンピューターテクノロジーズです。

EntreQue

クラウドサーバ型自動化システム。RPAツールをこのクラウドサーバで運用できます。

AxeluteとGenestの2つの製品は、ロボットを動かすシナリオをひな型化するなどして、自動化を導入しやすい形式にし、非エンジニアのユーザーも使いやすいように工夫されています。

そもそも、富士通には、文書管理ソリューション・AI-OCRソリューションに強みがあるので、RPAとこれらのソリューションを組み合わせて導入できます。

UiPathや、WinActorなどの有名製品と比ると、一連のソリューションをワンストップで提供できる点は、富士通のRPAソリューションの強みとなっています。

こうした強みがあるため、富士通が国内シェア上位の一画を占めているものと考えられます。

また、富士通のソリューションは、操作性についても、強みがあります。

UIは国内のユーザーを意識して作られ、日本語で画面上にある操作のガイダンスをフォローすると、比較的に簡単に操作ができる点も、使いやすいと言われているところです。

自治体向けツールAxelute for IC21とは?

富士通が自治体向けに発売しているのがAxelute for IC 21です。

日本の地方自治体は、総務省が主導し、「スマート自治体」構想の実現を進めているところですが、富士通のこの製品も、RPAをスマート自治体の実現に向けて活用しやすいように設計されています。

自治体が業務の自動化を進める背景

自治体は、総務省が主導して、「スマート自治体」構想の実現を急いでいます。特に、2018年に各地で行われたRPAツールの実証実験移行、本格導入を実行する自治体も増えているところです。

総務省が調査・シミュレーションの上、まとめたところによると、2040年には4分の1の自治体で人口が減少、そのころには行政サービスを受ける高齢者が増えて、このままいくと自治体職員で高齢者に対するサービスを支えきれないとの危機が訪れるとされます。

そこで、スマート自治体構想においては、AI、RPAの十分な利活用を行うこと、そして行政のクラウド化が目標とされています。富士通は、この機会を狙って自治体向けのソリューションを2019年から販売してします。

自動化の対象業務としては、各自治体とも税の出納・文書作成・議事録・経理業務など、単純な事務作業に対してRPAツールの導入を進めています。

自動化では、埼玉県・奈良県・三重県・松山市・武蔵野市などが先進事例とされており、住民の多い大都市圏ほど導入が進んでいます。

Axelute for IC21の特長・シナリオ作成が簡単に

富士通のAxelute自治体向けソリューションでは、まず、シナリオ作成の操作性を向上させています。

さらに、早期に導入から運用にまでスムースに移行できるよう、自治体の業務の特徴に合わせた以下のようなシナリオテンプレートを提供しています。

Axeluteは既存のシステムである、MCJET・IPKNOWLEDGEに合わせて使うと最適化されますので、ひな型もこれらのシステムとの連携用に作られています。

MCJET(住民情報システム)用

  • 住民情報住民記録:全部転入業務における入力作業の自動化
  • 税務情報:住民税特別徴収異動届の入力作業の自動化
  • 税務情報課税支援:システムの入力情報を住民税システムへ自動入力
  • 国民健康保険:簡易申告書入力の自動化住宅管理申請書入力作業の自動化

IPKNOWLEDGE(内部情報システム)用

  • 内部情報共通業務:データ抽出からExcel帳票作成支援までを自動化
  • 財務会計日次・月次決算:帳票の出力作業自動化
  • 財務会計:予算執行における伝票の連続起票を自動化

富士通のRPA関連事業

富士通は、RPAに関連するセミナー・コンサルティング事業にも力を入れていますが、特にセミナーは毎週のように開催されています。

セミナーはマネジメント・管理層向けも

富士通はRPA関連研修・セミナーを随時東京・大阪を中心に開催しており、また、Webでの講座開催も盛んです。

一般社員が操作を覚えるためのセミナーから、事例検討・管理者・マネジメント層向けのセミナーまで、数多く、プログラムも多彩です。

富士通のセミナーの受講で、操作から運用・保守、RPAに関する内部統制まですべて知りたいことをカバーできます。

まとめ

以上、富士通のRPAソリューションを、自治体向けパッケージソリューションを中心に紹介しました。

同パッケージソリューションは、シナリオテンプレートや、操作性の点で工夫が凝らされて、スマート自治体構想の実現を下支えしています。

RPAの最新動向を知る上での参考にしていただけましたら幸いです。