Library
RPAお役立ち情報「小さい会社の業務自動化に導入しやすいRPAツール・製品比較」

小さい会社の業務自動化に導入しやすいRPAツール・製品比較

RPAツールの選定には迷うことが多いものです。思いのほか製品選定に悩んで時間をかけた、という体験もよく聞かれるところです。

特に、予算の制約がかかりやすい中小の会社では、導入の際に製品選定が悩みの種になりがちです。

業務時間の削減・業務の効率化を進めたいけれども予算が合わないという話もまたよくある悩みです。

そこで、小さい会社でも導入のハードルが高くない、デスクトップ型・クラウド型RPAツールのを中心に、各製品を比較してまとめました。

デスクトップで低価格から導入できるツールに加えて、無料のツールもご紹介しています。

あえて元祖RPAと言われるbluePrismに見られる大きな運用を伴う製品は除き、使い勝手・価格・サポートの人手など、小さな会社の関心に合わせてまとめました。

ぜひ導入の際の比較検討のご参考になさってください。

株式会社MICHIRU 取締役 CTO

この記事の監修担当者:
斎藤暁

医療施設法人やホンダ子会社のIT領域責任者などを経て独立。AI技術やシミュレータなど、複雑なアルゴリズムを駆使したシステムを提供している。自然言語処理によるシステムの技術は日米で特許を取得、その発明者でもある。2018年11月株式会社MICHIRUを創業。

なぜ小さい会社でRPAツールがおすすめ?

RPA=Robotic Process Automationツールは、ロボット技術を利用して、業務を自動化することが可能です。

小さい会社では、業務の人手不足に悩むケースが多くあります。外注のコストも非常にかかることがあり、アウトソーシングにも大企業と比較すると慎重にならざるを得ない場合も見られます。

RPAであれば、外注で実際に人を使うよりも、柔軟に対応できます。

また、小さい会社では、一人が離職した穴が大きくなりがちで、業務に対する影響が大きくなりがちです。

そんな悩みをもつ小さい会社も、RPAツールでの自動化を進めると、一人が抜けた穴のインパクトを抑えることができます。

また、RPAツールは、定型的で、反復して行われる業務に導入し、自動化を図ると、業務時間を削減できて、効率化の効果が上がります。

小さい会社は、そうした業務にまで人手を取られてしまう余裕はなく、一人でも多くのメンバーが本質的な業務に専念する必要性があります。

大きい会社との比較で考えると、むしろ小さい会社にこそ、RPAツールによる自動化が必要であり、小さい会社に合ったツールも最近では多くなっています。

小さい会社におすすめRPAツール

RPAツールの日本市場5大ツールというと、BluePrism BizRobo WinActor UiPath Automatic Anywhereです。

しかし、会社規模ないし運用規模、そして日本語環境を考えると、RPA選定ではこれらの5大ツールを選ぶといいとは限りません。

BluePrismは、そもそも大きな運用を想定して、サーバで多数のロボットを管理するサーバ型のツールの代表です。

しかし、小さい会社の業務にあった製品はむしろデスクトップにインストールするデスクトップ型か、クラウド型ですし、価格面でも合理的です。

ここでは、中小の会社でも業務に使いやすく、かつ、シェアでも上位に入るRPAツールを取り上げ、比較します。

1. UiPath

2019年、2020年、それぞれRPAツールNo1マーケットシェアとなっているUiPathは大企業での導入実績が目立ちます。しかし、意外と小さい会社でも使えるのです。

メリット

UiPathにはCommunity Editionというトレーニングや評価目的では無期限で使える無料バージョンがあります。これは500億円未満の売上規模の会社でユーザー数の限度は、250台未満という条件での利用です。

有料と比較すると、Studioの利用ができないものの、他のソフトウェアとの連携も含めて、Community Editionでは一通りの操作をトレーニングできます。

自動化の運用を大きくして管理をする際にも、有料ですが、UiPathStudioが使えて、管理がしやすくなります。

規模を問わず使えて、RPAツールの中でも対応できる技術者が他のルールと比較して数が多く、したがって最も対応しやすいのもこのUiPathです。

比較のポイント

コスト

一業務を自動化しようとすると、数十万規模の導入費用とされています。

無料版・エンタープライズのトライアルまたは少数の台数上手に利用して、スモールスタートを狙ってみましょう。

機能一覧

  • ワークフローをレコーディングし、再生する機能
  • ワークフロー作成機能
  • 管理機能

がエンタープライズバージョンでは使えます。

操作性

ノンプログラミングでつかうことができます。Studioを使うと、ドラッグアンドドロップでシナリオを作成することができます。

対応OS

WindowsOS、そしてサーバ版ではWindowsServerに対応しています。

他のシステムとの連携は?

Studioで他のシステムと連携してワークフローを書くことができます。

1000以上のアプリケーション・サービスに対応しています。

2. BizRobo!

メリット

RPAテクノロジーズのBizRobo!は、大きな運用例も多いので、「大企業向け」と考えられがちですが、小さい会社でも意外と使えるのです。

年額90万円でフル機能が使えるminiもあり、サポートやコミュニティも充実しています。

トライアルも気軽に試すことができます。日本語で充実した情報提供をしており、安心して利用することができます。

UiPathと比較すると、コストと連携できるアプリケーションでUiPathに分がありますが、日本語によるサポートやコミュニティが充実していることを重視するならBizRobo!が選択肢となるでしょう。

比較のポイント

コスト

デスクトップ型なら、年間90万円のminiから利用が可能です。サーバ型が大型運用・高価格なのに対して、こちらは小さい会社でも導入が可能な値段です。

なお、この価格帯の他の製品では、ソフトバンクのsynchroidがあります。機能もよく似ています。

機能一覧

  • デザインスタジオ・・・気軽にロボットが作成できる
  • デスクトップオートメーション・・・他のアプリと連携させるエージェントである
  • スケジューラー・・・ロボットを予定に合わせて動かす

の3つのモジュールがワンセットになっています。それぞれの機能を利用できます。

操作性

トレーニングを受けると普通は問題なく業務に使えるというレベルのシンプルなUIです。こちらもノンプログラミングで操作できます。

対応OS

Windowsに対応しています。

他のシステムとの連携は?

エージェントを通じて業務上利用する主要なアプリケーションと連携します。

3. WinActor

メリット

WinActorは、Windowsで動くアプリケーションの自動化を狙いとするRPAツールです。他のRPAツールと比較すると、使いかたの参考になるテキスト・講座などが充実しています。

株式会社NTTデータが開発した完全な国産ソフトウェアですので、国内でのサポート・トレーニングなども充実しています。

比較のポイント

コスト

コストはデスクトップ型1台で年間約90万円~となっており、月間に直すと、7万5000ですので、小さい会社にも導入に手が届く価格設定です。

実行環境だけを作る場合は、年間約20万円となっています。

これに対して、サーバー型では年間500~700万円のプランが標準的です。

機能一覧

自動記録と自動操作、そしてWindowsで動作するアプリケーションとの連携とシンプルな機能です。

操作性

ブラウザ、ディレクトリ形式の操作画面から操作します。

プログラミングなしで操作が可能ですが、ある程度プログラミングやHtmlのことを知っているとなじみやすいUIです。

対応OS

Windowsに対応しています。

他のシステムとの連携は?

Windows対応のアプリケーションに対応しています。

4. Biztex Cobit

メリット

国産RPA初のクラウドRPAツールとして開発されたBiztex Cobitは、10万稼働で月10円から利用可能です。

クラウドRPAツールなので、導入したら即日ブラウザから利用できて、導入のコストがかからないのが特徴です。

クラウドRPAだけに、アクセス管理を強化することがポイントですが、最も使いやすいRPAツールの一つで、課金の体系も小さい会社の導入に向いています。

国産のRPAツールなので、日本語によるサポートを受けることができます。

比較のポイント

コスト

月額10万円から利用が可能です、また、アカウント発行数は無制限ですので、一つの会社で、10万ステップの稼働は会社の中でシェアすることができます。

機能一覧

ブラウザ上でのワークフローの作成と再生、他のアプリはWeb経由で連携可能です。

対応OS

クラウド・ブラウザ経由の利用ですので、OSを選びません。Macにも使えます。

操作性

シンプルな画面で、ノンプログラミングで操作ができます。

他のシステムとの連携は?

オンプレのアプリには対応していませんが、Webアプリにはほとんど対応しています。自動でWeb上のデータを拾うのも、また、GoogleDocなどのWebアプリにも使えます。

注目RPAツール WinAutomationなど

MSのRPAツールで、2020年の5月に買収した会社が販売していたRPAツールです。

RPA以外の連携に期待今後市場でのシェアが伸びる見通しのRPAツールとされており、年間480ポンドという低価格ながら、豊富な機能がついています。

残念ながら日本語版はありませんが、価格だけを見ると最もコストパフォーマンスが高いフル機能のRPAツールの一つです。

OCR機能がついているところやAI機能との連携が特徴的です。文書の電子化が低コストでできる期待があります。

文書の電子化は、データの自動入力・自動出力業務の前提となりますので、今後注目ということでこのベスト5に挙げておきます。

英語環境でも問題がなければ評価・テスト用に試してみてはいかがでしょうか。

その他、Automation Anywhere 、RPA Expressが予算と操作性から比較的小さい会社にも導入しやすいRPAツールです。

特に、RPA Expressの無料版などは、商用利用が無料でできるRPAツールなので、英語が気にならない・サポートは自分でコミュニティで解決してもよいという場合には、試してみてよいかもしれません。

御社で導入するには?RPAツール比較・導入のポイント

まず、RPAツール製品の比較の前に考えるべきことは、どんな業務に導入するか、です。比較検討する前の前提条件として、どんな業務に導入するかを検討しましょう。

業務の自動化が実現できるか

その上で、比較検討になりますが、RPAツールは価格だけで選ぶのではなく、導入業務を実現できるかどうかの点から比較検討するのがポイントです。

価格は大きな要素ですが、もしも対象業務・作業ができない、やりにくいのに導入してしまっては本末転倒の結果になり、自動化も十分ではありません。

失敗事例には、導入の前にこの点の検討が不十分であったものが多いと言われています。

導入対象の業務は、もともとRPAツールが対応できる定型・反復される業務であることはもちろんですが、業務のいわゆる「切り出し」が大きすぎると、機能を使える・使えないの判断にも影響が出るので、留意しておきましょう。

細かく業務を可視化し、その上で考えるのが良いでしょう。

製品サポート以外のサポートは重要?

保守・あるいは自動化のアドバイスをしてくれるサービスなど、サポートの有無は、製品ではなく、外注にお願いするのも手ですので、製品サポート以外のサポートをあまりベンダー求める必要はありません。

日本語対応の有無は自社の事情に合わせて検討しましょう。

無料ソフトのライセンス条件に注意

加えて、フリーソフト、無料のソフトは、導入予算からどうしても気になってしまいますが、無料版には商用利用の制限がついているものがほとんどで、会社内で利用することも商用利用に入ることから使いにくいことを覚えておきましょう。

比較して選ぼう!MICHIRU RPAで小さい会社も自動化

MICHIRU RPAは小さい会社が導入しやすいRPAツールです。

初期費用が10万円、月々のサブスクリプションフィーは5万円とコスト面では上記に挙げた製品と比較しても優位性があります。

使いやすいUI・画像認識技術を利用し、十分に他のシステム・アプリとの連携、自動化も図ることができます。

特にフローティングライセンスは、1ライセンスで同時に5台のPCでシナリオの編集を行うことができ、同時に1台のPCでシナリオを実行できます。

つまり、小さく始めて徐々に対応する業務を増やしやすくなっています。

このようなライセンス体系を追加料金無しで利用できるのは、他の製品にない特長です。

シェア上位の製品と比較しても、操作性でも使いやすいMICHIRU RPAをぜひ一度定期セミナーで実際に触ってみてください。

まとめ

小さい会社で使うのに適したRPAツールは、

  • 当該業務の自動化ができるか
  • 製品サポート・日本語対応などのサポート体制
  • コスト

の3要素を考えて、あとはその他の機能をチェックすると大まかな比較がしやすくなります。

これらを考えると、現在国内シェアの高めの製品でも小さい会社の業務に合う者があります。

導入に際しては、大きい会社より効果が上がりやすく、将来に向けても重要な戦略となるので、十分比較検討して選定されることをおすすめします。