MICHIRU RPA 業種別活用事例

MICHIRU RPA 業種別活用事例

MICHIRU RPAは業種に関わらず活用できますが、ここでは、業種ごとの自動化事例をご紹介します。

共通

RPAは、人が行っているさまざまな業務に活用できます。以下のようなシステムへのデータ入力やデータ集計といったパソコン業務は、RPAで自動化できる主なPC作業の例で、業種を問わず活用されています。

情報通信業(新聞・メディア)

新聞記事の内容をWEBサイトに1件ずつ仮登録する作業を自動化

新聞記事の内容をWEBコンテンツとして掲載するため、大量の記事を新聞記事データベースからWEBコンテンツ管理システムに1件ずつ手作業で登録していましたが、RPAによる自動化で、労力と時間の大幅な削減が可能になりました。

導入前

・毎日手作業で管理システムにコピーしているため、時間も労力もかかる。
・WEBコンテンツを公開する時間に間に合わせるため、早朝出勤が必要。

導入後

・公開前のチェックのみとなったため、時間と労力が大幅に削減された。
・早朝出勤の必要がなくなり、スタッフの負担が軽減された。

情報サービス業

WEBサイトの移転に伴い、大量の記事の複製作業を自動化

各記事の中から条件に合う箇所を抽出して新WEBサイトに登録する手作業をRPAで自動化しました。数百件におよぶ登録作業が数時間でミスなく完了し、時間と労力が削減できました。

導入前

・手作業で1記事ずつ新WEBサイトに登録するため、時間と手間がかかる。
・記事が大量にあるため工数の目途がつけにくく、移行完了の時期が不明確。

導入後

・記事の移転作業に人手が不要となった。
・RPAで登録作業がスピードアップしたため、WEBサイトの移転作業が数日で完了した。

小売業

事例1:各店舗の報告書を集計し、メール送信する業務を自動化

各店舗からの報告書を集計し、その結果を役員へメール送信する業務をRPAで自動化しました。日計、週計等、手作業で行っていた業務がすべて自動化され、その分の時間を他の業務に充てることが可能となりました。

導入前

・報告書をひとつひとつ手作業で開き、データをまとめる作業を行っていた。
・この作業ができる担当者が限られているため、休暇の際に業務に支障が出ていた。

導入後

・集計からメール送信までRPAが自動で行うため、ミスや漏れがなくなった。
・俗人化が解消され、人的負担が減った。

事例2:Excelに集約された商品情報をWEBに掲載する業務を自動化

毎月月初に発生する数百件もの商品登録業務をRPAで自動化しました。1週間以上かかっていた登録業務が1日に短縮され、商品情報の公開がスムーズに行えるようになりました。

導入前

・Excelにまとめられた商品情報を手作業でWEBへ登録していた。
・商品に一致する写真の検索にも時間がかかり、情報公開が遅れていた。

導入後

・Excelからの情報や写真の掲載までRPAが自動で行うため、人手が不要になった。
・商品公開までのスピードが大幅にアップし、業務がスムーズに行えるようになった。

事例3:決済サイトからの請求書発行業務を自動化

決済サイトから請求書を発行し、印刷する業務をRPAで自動化しました。請求書の発行件数は毎月増え続けており、手作業での発行に限界を感じていたとのことですが、その業務から解放され、他の業務が行えるようになりました。

導入前

・毎月、数百枚もの請求書を手作業でダウンロードし、印刷をしていた。
・請求書発行枚数の増加に伴う人手不足が懸念された。

導入後

・条件設定から請求書発行、印刷までRPAが行うため、人手が不要になった。
・請求書発行業務がスピーディに行えるようになった。

不動産業

賃貸情報サイトから物件情報を取得し、Excelに転記する作業を自動化

WEBサイトから条件に合う物件情報を取得し、Excelに転記する作業をRPAで自動化しました。毎月大量のデータを転記するため専任の担当者が必要でしたが、人手が不要になりました。

導入前

・物件情報を1件ずつ手作業でコピーし、Excelに転記していた。
・毎月数万件のデータを取得する必要があるため、専任の担当者が必要だった。

導入後

・RPAを実行するだけで数万件のデータの取得が可能となり、人手が不要になった。
・転記ミスがなくなったため、データの信頼性が高くなった。